もちべーこん日記

もちべーこん日記

あなたのハートにもちべーこん!

【携帯運用】スマホ+ガラケーの2台持ちからスマホ一本化を考えてみる

きっかけ

先日、auからこんなハガキが届きました。

f:id:tar12:20180911073441j:plain
契約期間の満了および契約更新に関するご案内

私はiPhone/ガラケー(フィーチャーフォン/ケータイ)の2台持ちをしています。
iPhoneはデータ通信用、ガラケーは通話専用という使い方。
ガラケーauで契約しており、いわゆる2年縛りのプランを適用しています。
それが今年の9月に更新月とのこと。

f:id:tar12:20180911074200j:plain
iPhoneガラケー

使っているガラケーの機種はCASIOのCA006。
確か7年くらい前に機種変更で買ったガラケーだったかな?
画像を見て貰うと分かるかと思いますが、かなり使い込んでます。
充電端子のフタは取れ、ヒンジ部分は緩くなりとガタがきていますが、故障せずになんだかんだ使えています。
iPhoneと違い頻繁に使っているわけではないので、電池持ちも悪くない。

ただ、一つ気になる点が。
たまにこのガラケーで通話をするんですが、結構な割合で通話相手に電話口が遠いと言われます。
機種が古いからなのか、通話回線が旧世代だからなのか、はたまた私の声が小さいからなのか……。
いずれにしても、さすがにそろそろ買い替え時なのでは?と思っています。

ちょうど更新月も迫ってきたことだし、新しいガラケーに買い替えるか!
……と思ったのですが、ふと疑問が生まれました。

新しいガラケーに替えるのもいいけど、今まで通り2台持ちする運用方法でいいのか?
機種変更するのもありだけど、どうせならコストを抑えたい。
そもそも今の使い方で2台持ちは意味があるのか……?

今まで2台持ちで携帯運用をしてきましたが、いい機会と思い色々と考え直してみることにしました。
あくまで私個人の運用環境をもとに考えただけなので、参考程度に。

現状の運用方法

まずは現状把握からということで、今の運用方法をおさらい。

まとめるとこんな感じになりますが、もうちょっと詳しく見ていきます。

iPhone(データ通信)

iPhone8の256GBモデル(SIMフリー)。2017年の11月にオンラインストアで購入。
購入時には12回の分割払いにしたので、今年の10月までは端末代がおよそ11000円/月掛かっています。
購入してから1年も経っていないのでバリバリ現役です。少なくともあと1年は使いたい。

使用しているSIMはmineo(docomo)。
データ通信と音声通話がセットのデュアルタイプ(3GB)を契約中。

mochibacoooon.hatenablog.jp

2台持ちなのにデータ通信と音声通話がセットのプランを契約しているのには理由があります。
というのも、申し込んだ時に「大・大盤振る舞いキャンペーン」というキャンペーンをやっていました。
当時やっていたキャンペーンは「デュアルタイプを契約すると900円/月の割引を12か月に渡って受けられる」というもの。

mineoの料金プラン(docomo)を表にすると下記の通り。
シングルタイプはデータ通信のみのプランです。
表示金額は税抜価格となります。

容量 シングルタイプ デュアルタイプ デュアルタイプ(キャンペーン割引込)
3GB 900円/月 1600円/月 700円/月

参照: ドコモプラン(Dプラン)料金|mineo(マイネオ)

キャンペーン割引によってシングルタイプよりデュアルタイプを契約する方がお得だったので、デュアルタイプで契約をしました。
ちなみにmineoは同様の割引キャンペーンを不定期にやっているようです。

という訳で、データ通信だけではなく実は通話もできちゃいます。
ただ現状はガラケーがあるので通話機能はほとんど使っていません。

ガラケー(通話専用)

CASIOのCA006。2011年にauで機種変更して買ったものです。
端末代は既に支払い済みです。
先述の通り買ってから年数が経っており、結構ガタがきています。

契約プランはプランSSシンプルと呼ばれるものを契約中。
3Gケータイ用のプランで、無料通話1000円/月がついたもの。
月額料金もほぼ1000円。いわゆる2年縛りプランで割引されています。

本来ならこれにパケット通信料(インターネット接続代)がプラスされるのですが、数年前iPhone5sを購入した時にそのオプションを解約。
なので、完全に通話専用のガラケーです。
無料通話分を考えると、実質0円で契約しているような感じになりますね。

これからの運用方法

さて、ひとまず運用方法を振り返りましたがポイントは次の通り。

  • iPhoneは継続してデータ通信用として使う
  • ガラケーはそろそろ買い替え時
  • iPhoneなりガラケーなりで最低限通話はできるようにしておきたい
  • mineoのデュアルタイプ割引は今年の10月まで
  • ガラケーの更新月は今回を逃すとまた2年待つ必要がある
  • データ通信は現状の3GB/月程度でひとまず問題なし

色々考えた結果、次の3パターンに絞りました。

ガラケーを機種変更+iPhoneをデータ通信のみのプランに変更

ガラケーは機種変更、iPhoneをデータ通信のみのプランに変更する方法です。

ガラケーを機種変更

携帯番号はそのままに機種変更です。
auを使っているので必然的にauガラケーから選択することになりますね。
今回は「GRATINA 4G KYF37」という機種に変更する場合を考えてみます。

www.au.com

auのHPにシミュレーターがあるので、そちらを参考にしつつ計算します。

まずは機種端末代。

内訳 コスト
機種代金 32400円
割引 -21600円(-600円/月×36か月)
ケータイ取り替えおたすけギフト -10800円

機種代金は32400円。
ここから指定のデータ定額サービスに加入することで600円/月の割引を受けられます。
この割引は36か月間続くので、21600円の割引です。

また、「ケータイ取り替えおたすけギフト*1」と呼ばれるサービス利用で機種代金を10800円割引。
割引額は21600円+10800円=32400円となり、機種代金は実質0円となります。

続けて、月に掛かる料金。

内訳 コスト
VKプランS[通話プラン] 998円
ダブル定額(ケータイ)[データ通信プラン] 500~4200円
LTE NET[インターネット接続サービス] 300円

契約プランは3Gケータイ→4Gケータイとなるので異なりますが、プランSSシンプルとほぼ同様のプランのVKプランSを選択。
無料通話が1100円/月分ついて998円/月となります。
ある程度自分から電話を掛けるのであればお得なプランなのですが、私の場合は発信をほとんどしないのでちょっと勿体ないかなというところ。
3Gケータイの時に使っていたプランSSシンプルと違って、その月に残った無料通話分を翌月に繰り越せる「くりこし」も対象外らしい。

ここに先述した600円/月の割引を受けるために、データ定額サービスとインターネット接続サービス(データ通信基本料)が入ってきます。
データ定額はダブル定額(ケータイ)で500~4200円/月。
インターネット接続サービスはLTE NETで300円/月。
データ通信は全くしない予定ですが、割引を受けるためにはどうしても最低800円/月が掛かります。

ガラケーに掛かる月のコストをまとめると

(通話プラン)+(通信プラン)
=998+800
=1798(円/税抜)

となります。

iPhoneをデータ通信のみのプランに変更

iPhoneに関しては、現状のデュアルタイプだと今年の11月からは割引がなくなるので月に1600円掛かることになります。
ガラケーを機種変更するのであれば、iPhoneのタイプはデータ通信のみにしてしまおう。

……と思って調べてみたところ、どうやらタイプ変更(デュアル⇔シングル)には変更事務手数料が2000円、SIMカード発行料に341円掛かるらしいですね。
デュアルタイプとシングルタイプの料金差を考えれば4か月でペイできる金額ではありますが、ちょっと気になるところ。

データ通信のみのプランは3GBで900円/月。
これがiPhoneを運用する際に掛かるコストとなります。

以上、ガラケーiPhoneの2台持ちを継続する場合に掛かるコストは

月額=(ガラケー)+(iPhone)=1798+900=2698(円/税抜)
手数料=2341(円/税抜)

となります。

ガラケーを解約してiPhone一本化

一番わかりやすいパターン。

ガラケーを解約

新月に解約すれば0円ですね。
新月以外の場合は9500円かかります。

iPhone一本化

特にプラン変更せずにそのままデュアルプランで使います。
月額料金コストは1600円(税抜)。

コストや手間を考えると一番楽な方法。
ただ、この方法にはちょっと問題があります。
それは今まで使っていた携帯電話番号が使えなくなってしまう点。
auを解約してmineoの番号を使うことになるので、いろいろと手間が掛かってしまいます。

ガラケーMNPして格安SIMを契約

実はこれが正解なんじゃないかなと思っているパターン。
ガラケーの番号を引き継ぎつつ、iPhoneに一本化する方法です。

ガラケーMNP

MNPをするには転出手数料が掛かります。auの場合3000円。
また、MNP=携帯番号の移行をして「解約」ということになるので、更新月以外にMNPすると解約手数料が掛かってしまいます。
一応今回の場合は更新月MNPすると考えて、MNPの事務手数料のみを計算。

MNPして格安SIMを契約

MNPして格安SIMを契約です。
MNPなので今まで使っていた携帯番号を引き続き使用しつつ、iPhoneに一本化できます。
今まで使っていた回線を一度解約する必要はありますが、mineoの場合はキャリアと違って解約手数料がかからないのでその辺りのコストは大丈夫。

とは言え、MNPで契約する際も契約事務手数料は掛かりますが。
今回は同様にmineoのデュアルタイプ(Dプラン/3GB)を契約した場合を考えてみましょうか。
mineoの場合は3000円。

ガラケーMNPして格安SIMを契約した場合のコストは

月額=1600(円/税抜)
手数料=(MNP手数料)+(契約事務手数料)=3000+3000=6000(円)

長年使っていた携帯番号を継続して使うにあたって6000円を出せるかどうかってところですね……。
まあそれでもランニングコストを考えると、キャリアで機種変更するよりは十分を抑えられるのですが。

携帯電話運用のまとめ

  • ある程度通話するのであればガラケー機種変更+iPhoneの2台持ち
  • ガラケー解約がコストが一番抑えられる。ただし今まで使っていた携帯番号は使えない
  • 初期費用を出せるなら、ガラケーMNPで番号を引き継いてiPhone一本化が良さそう

要点をまとめるとこんな感じでしょうか。
調べてみていろいろと見えてきましたが、もう少し悩んでみようと思います。

*1:au STAR会員かつ、同一の3Gケータイを37カ月目以上使っている場合に使える